Sir Paul M. Nurse

ポール・ナース博士

英国フランシス・クリック研究所長

世紀の大発見!
細胞増殖・癌化の
基本原理の解明

広島大学から世界へ

〜世界のトップ研究者に聞く 第3弾〜

平成29年4月5日[水曜日]

ノーベル生理学・医学賞受賞

新着情報

  • 2017.01.23ウェブサイトを公開しました。
  • 2017.01.23お申し込みを開始しました。
  • 2017.02.10お申し込みフォームの一部を英語併記にしました。

group

どなたでも

講演会はどなたでもご参加いただけますが、専門的な内容が含まれることがありますので、高校生以上を推奨しています。

web

事前予約が必要です

講演会への参加を希望される場合は、事前予約が必要です。事前予約は下記のリンクからまたはFAX(082-424-4592)でお願いします。

language

同時通訳あり

使用言語は英語です。同時通訳を準備しておりますので、英語が苦手な方でもご参加いただけます。

広島大学サタケメモリアルホール

Satake Memorial Hall, Hiroshima University

東広島キャンパス東広島市鏡山一丁目2番2号

Higashi-Hiroshima Campus, 1-2-2 Kagamiyama, Higashi-Hiroshima

14:30〜17:00 [開場 13:30]

来たれ!未来の科学者たち

昨年に引き続き、世界トップ研究者の招待講演として、2001年にがんの治療法やiPS細胞などの増殖研究にもつながるような「細胞周期・細胞増殖を制御するキーとなる因子」を発見した功績により、ノーベル生理学・医学賞を受賞された英国のポール・ナース博士を広島大学にお招きします。
世界トップ研究者のお話を身近に聞ける、またとない機会です。未来の科学者を目指す皆さん、きっと新たな夢と情熱が湧いてくるはずです。

広島大学長 越智 光夫

Program

14:30〜14:35 開会の挨拶 広島大学長 越智 光夫
14:35〜14:40 講師紹介 広島大学特任教授 登田 隆
14:40〜15:30 講演 Sir Paul M. Nurse
15:30〜15:50 質疑応答
15:50〜16:40 パネルディスカッション
16:45〜16:50 メタセコイア賞授賞式 独立行政法人酒類総合研究所 理事長 後藤 奈美 氏
16:50〜16:55 特別栄誉教授称号および感謝状授与式
16:55〜17:00 閉会の挨拶 広島大学 理事・副学長(研究担当)
ファシリテーター
登田 隆

理学博士。
専門は分子細胞生物学。細胞増殖、染色体分離の分子メカニズムを研究。
ポール・ナース博士が所長である英国フランシス・クリック研究所にて上席主任研究員として21年間研究グループを牽引。2015年10月より広島大学大学院先端物質科学研究科分子生命機能科学専攻の特任教授。

司会
久保田 夏菜

2009年3月に広島大学文学部を卒業後、テレビ愛媛アナウンサー、RCC中国放送アナウンサーを経て、フリーアナウンサーとして活躍中。現在はRCC「街頭TV出没!ひな壇団」、TSS「ひろしま満点ママ!!」などを担当。過去2回、広島大学講演会および広島大学知のフォーラムで司会を務めた。
NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会広島支部長(カンボジア)。